コンテンツマネジメントシステムの仕組み

コンテンツマネジメントシステム(CMS)は、文章や画像などのコンテンツを管理するシステムのことです。一般的には、WEBサイトを制作・管理する際に使われるシステムのことを指します。2003年ごろから取り入れられるようになったシステムですが、昔は現在のように普及していませんでした。しかし最近では、安くて手軽に利用できる仕組みになったことで、多くの事業所がコンテンツマネジメントシステムを取り入れています

コンテンツマネジメントシステムの仕組みは、コンテンツをデータベース化することにより、管理を一元化するというものです。従来のHTMLの場合、WEB制作における知識を持っている人しか運用ができない、デザイン変更等をする際に、一つ一つのファイルに手を加えなければならない、複数人で更新をする場合に最新ファイルを都度確認しなければならない、といったデメリットがありました。しかし、コンテンツマネジメントシステムであれば、作成したコンテンツがすべてデータベースの中に保管され、コンテンツとデザインを別で管理することができるため、一括でデザイン変更ができる、複数人での更新も容易にできるといったメリットがあります。デザイン担当がデザイン部分を編集し、文章担当が文章を作成するという作業が同時に可能となるのです。

このように、コンテンツマネジメントシステムの導入により、WEBサイトの運用を効率化することができます。当サイトでは、そんなコンテンツマネジメントシステムの種類や導入方法について詳しく紹介しましょう。